自動車の部品と修理ポイント

エンジンオイル交換の頻度は?

オイルは車の血液ともいうべき部分になりますので、比較的交換頻度は高めになります。高級車や大型車だと10リットル程度のエンジンオイルが必要になり、交換費用がかなり高額になるケースもあります。しかし、高級車などの場合は格安のオイルではなく、純正のオイルを使った方が車の維持のためにはよいでしょう。

 

エンジンオイルはエンジンの中で発生した汚れを取り除く効果があります。そのため、オイル自体は使い込むごとに劣化していきます。そのため、定期的に交換しておく必要があるのです。交換しないままでいると、エンジンの汚れが外に出されないため、エンジン寿命を縮める原因になります。

 

交換時期はいろいろ言われていますが、基本的には4000〜5000km走行するごとに交換するべきだと言われています。また、走行距離が基準に達していなくても、半年ごとに交換したほうがよいという意見もあります。オイルは空気に触れているだけで酸化していくので、半年したら新しいものに入れ替える必要があるのです。

 

オイル交換の方法は下抜きと上抜きがあります。下抜きはエンジン下のオイルパンのプラグを外してオイルを抜く方法で、上抜きはオイルレベルゲージの穴に専用の管を入れて吸い取る方法になります。機械で作業ができるため、上抜きが主流となっています。

 

オイル抜きの方法はどちらが優れているというものではなく、むしろ定期的にきちんと交換することの方が重要です。

 

修理費用

 

エンジンオイル(1リットル) 約1000〜2000円
工賃 約1000円

 

合計 5000円〜数万円

 

エンジンといえばハイブリッドエンジンが近頃話題ですが、なかでもエスクァイアは多くの中高年男性に人気となっています。ヴォクシーやノアに変わる人気のミニバンとなる可能性もあり、注目すべきでしょう。エスクァイアの値引きとしては以下のサイトのやり方がわかりやすいので見てみましょう。

 

エスクァイア(エスクワイア)値引きのやり方はこちら